白山ワイナリー  
 
■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2019年05月 次月>>
■最新記事■
■コメント■
■カテゴリー■
■過去の記事■
■リンク■
■プロフィール■
■その他■
■管理者ログイン■
ID :
PASS :
 

2007.11.3 今年最後のプレス
今日は、祭日、文化の日にもかかわらず、

やまぶどうワインのプレス作業をしました。



まず、タンクの上呑み口から、液(ワイン)を出します。




次に、マンホールを少しづつ開けながら、さらに液を出します。




この後、マンホールを全開して、中の皮種も全て、
プレス機に送ります。
(作業が忙しくて、この部分は撮れませんでした)



プレス機のスリットから出る液(ワイン)





やまぶどうの深い色合いと香り !

酸は強いが、渋みも十分 !

バランスも良く、今年の出来は、まずまずです。



この後、澱落しをして、樽で約2年間、熟成させます。

その後、瓶詰をして、更に、1年近く瓶熟成します。


3年間の熟成を経て、デビュー !

美味しいやまぶどうワインとなります。


2007年のやまぶどうワインは、3年後の発売予定 !








| http://www.yamabudou.co.jp/cgi/news/index.php?e=89 | {LOGMODE "","非公開記事 |"}
| ワイナリーダイアリー::仕込み作業 2007 | 06:11 PM | comments (0) |
2007.10.22 ヤマブドウ原液(ジュース)の搾り!
本日は、ヤマブドウ原液の搾りです。

ヤマブドウを除梗破砕し、タンクの中で、冷却しながら

一昼夜スキンコンタクしてから、液を搾り出します。





タンクのマンホールから取り出します。

さらに色出しをするため、受けのモロミポンプに、

加熱装置を装着し、蒸気の熱で、煮込みます。





プレス機に送られて、搾り出します。






ヤマブドウの色は、ものずごく濃赤紫で、

ビックリするほど、本当に鮮やかです。




このあと、澱を下げ、上澄液を分離し、

加熱殺菌し、原料用として一斗缶に詰めて

保存します。


| http://www.yamabudou.co.jp/cgi/news/index.php?e=82 | {LOGMODE "","非公開記事 |"}
| ワイナリーダイアリー::仕込み作業 2007 | 06:12 PM | comments (0) |
2007.10.13 本日も作業です。
イベントが終わった後も、しっかりと作業です。
ワインフェスタに使われた、ベビーワインは、
今年の新酒(ヌーヴォ)になります。
発酵管理など、作業はこれからが本番です。
本日も、ヤマ・ソーヴィニョンの搾りがありました。

ヤマ・ソーヴィニョンのプレス





タンクが、霜で真っ白。


これは、受託製造ワインの加賀スチューベン(別名:膝まくら)を
-4℃で冷却しているところです。
酒石落しのためです。
これが終わったら、
さっそく、瓶詰です。


| http://www.yamabudou.co.jp/cgi/news/index.php?e=79 | {LOGMODE "","非公開記事 |"}
| ワイナリーダイアリー::仕込み作業 2007 | 04:25 PM | comments (0) |
2007.8.19 発酵の始まりだ!始まりだ!
昨日仕込んだ、小公子、温度が高く、

さっそく、発酵が始まりました。



発酵により、果帽(ブドウの皮や種)が浮いてきた状態。


櫂棒により、上の果帽を下面の液とを混ぜ合わせます。
これにより、上部に浮く皮、種を液に浸しながら、
一層の色だしを行います。


櫂入れ作業は、朝と夕方の2回、発酵が終わるまで
続けます。



| http://www.yamabudou.co.jp/cgi/news/index.php?e=58 | {LOGMODE "","非公開記事 |"}
| ワイナリーダイアリー::仕込み作業 2007 | 04:43 PM | comments (0) |
2007.8.18 小公子 仕込み風景
昨日と今日の午前中、小公子の収穫をしました。

そして、さっそく、今年の赤の初仕込みとなりました。


仕込み作業全景
(サポーターの高道さん、見学、ご苦労様!)


① まず、ブドウを除梗破砕機のホッパーに投げ込みます。


② 梗からはずされた玉(実)が、潰されながら落ちてきます。


③ 梗は、機械の横から排出されます。
   (サポーターの三田村さんが、不思議そうに覗いています)


④ そして、②のブドウが、モロミポンプにより、タンクに送られました。

このあと、酵母を添加して、発酵へと続きます。

発酵の様子は、明日以降となります。

また、ごらんください。


| http://www.yamabudou.co.jp/cgi/news/index.php?e=55 | {LOGMODE "","非公開記事 |"}
| ワイナリーダイアリー::仕込み作業 2007 | 02:30 PM | comments (0) |

      
 



株式会社 白山やまぶどうワイン
福井県大野市落合2-24 TEL0779-67-7111 FAX0779-67-7112

copyright 2002 (c) HAKUSAN YAMABUDOU WINE CO.,LTD. all rights resereved.

 
最新情報
ワイナリーダイアリー
ショッピング
特定商取引法の表記
ワインストーリー
ぶどうストーリー
ワインに合う料理レシピ
ワイナリー周辺案内
イベント案内
体験教室案内
ワインの樹オーナー制度
ワイナリー施設案内
周辺宿泊情報
リンク集
会社概要
プライバシーポリシー
アクセスマップ
お問い合わせ
 
HOME
 

メールはこちら hakusan@yamabudou.co.jp