白山ワイナリー  
 
■CALENDAR■
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月 2019年01月 次月>>
■最新記事■
■コメント■
■カテゴリー■
■過去の記事■
■リンク■
■プロフィール■
■その他■
■管理者ログイン■
ID :
PASS :
 

2008.8.21 醗酵2日目
小公子、醗酵2日目。


果帽(皮や種)が、膨らみ浮き上がっています。

櫂棒で突き崩します。

この方式をパンチングとも言います。











モロミの温度を計測。

ただ今の醗酵温度、18.4℃。

温度も上がってきました。

夕方には、20℃ぐらいかな?





液の比重計測。



今日は、1.064です。

昨日が、1.074だったので、1日で、だいぶん進みました。



このような作業を、朝夕毎日、醗酵が終了するまで

続けます。

約10日間程度でになるでしょう。






| http://www.yamabudou.co.jp/cgi/news/index.php?e=194 | {LOGMODE "","非公開記事 |"}
| ワイナリーダイアリー::2008 仕込み作業 | 06:28 PM | comments (0) |
2008.8.20 小公子、醗酵1日目。
① 酵母添加翌日の、醗酵1日目の様子。


少し醗酵が進み、果帽が見られます。

果帽とは、ブドウの皮や種などが醗酵により浮いてきて、

タンクの中で、液部分と皮などの部分が分離して、

帽子をかぶっているような状態を言います。







② 櫂棒で、果帽を崩す様子。


櫂棒で、突いて果帽を沈めます。

下の液部分と良く混合します。

これにより、色だしを良くすることと、

果帽を常に湿らせて、醗酵を促進し、

他の菌からの汚染を防ぎます。








③ 櫂棒で、突き崩した後は、温度を計測します。


醗酵により、温度が高くなり過ぎることを防ぐため、

温度管理をします。






朝の作業は、ここまで。

夕方、同じ作業を行います。



| http://www.yamabudou.co.jp/cgi/news/index.php?e=193 | {LOGMODE "","非公開記事 |"}
| ワイナリーダイアリー::2008 仕込み作業 | 08:59 AM | comments (0) |
2008.8.19 小公子仕込み作業開始!!
本日、小公子の仕込みを始めました。

作業を順を追って説明します。


① ブドウは除梗破砕機のホッパーに投げ込みます。

  除梗破砕機は、ブドウの房を実(玉)と梗に分離します。









② 投げ込まれたブドウの房は、スクリューにより中に運ばれ

  中の回転翼でバラバラになります。









③ 実(玉)は、回転ローラーで潰されて、除梗破砕機の下に落下します。






④ 梗は、機械の横から排出されます。





⑤ 破砕機から落ちてきた、潰された実(モロミと呼びます)は、モロミポンプで

  押し出され、タンクに運ばれます。





⑥ モロミポンプにより、ホースで送られたモロミは、タンクの中に

  すべて送られ、完了となります。

  仕込み作業は、ここまで。 






この後は、酵母が添加されて、醗酵管理に移ります。




酵母を添加し、醗酵を待ちます。

(白いのは、酵母)




明日からは、毎朝夕の2回、櫂入れを行います。

櫂入れの様子は、明日、お見せします。







| http://www.yamabudou.co.jp/cgi/news/index.php?e=192 | {LOGMODE "","非公開記事 |"}
| ワイナリーダイアリー::2008 仕込み作業 | 05:48 PM | comments (0) |
2008.3.26  梅ワイン プレス作業
今月4日に仕込んだ梅ワイン、今年最初のプレス作業です。

もちろん、梅は、冷凍していたものを使用しました。




まず、タンクの上呑口から、液(ワイン)を出します。
まだ、炭酸が残っていて、盛んに泡を出しています。




次に、マンホールを少しづつ開けながら、さらにワインを出します。




ワインを出し終えたら、マンホールを開けて、梅の実を出します。




先に抜いた液(ワイン)を戻しながら、実をプレス機に送ります。




プレスの状態です。




プレス機のしたから、ワインが流れる様子。




プレスされたワインを別のタンクに移動します。



ワイナリー全体が、梅の香りに包まれて、

一足早い、春の梅の季節を感じます。

アルコール8%前後、やや甘口で、とても軽くて、

梅の甘酸っぱさが感じられる、飲みやすいワインに仕上がりました。

この後、ろ過をして、瓶詰となります。

発売は、4月末から5月の大型連休辺りでしょうか?

乞うご期待ください!






| http://www.yamabudou.co.jp/cgi/news/index.php?e=145 | {LOGMODE "","非公開記事 |"}
| ワイナリーダイアリー::2008 仕込み作業 | 07:42 AM | comments (0) |

      
 



株式会社 白山やまぶどうワイン
福井県大野市落合2-24 TEL0779-67-7111 FAX0779-67-7112

copyright 2002 (c) HAKUSAN YAMABUDOU WINE CO.,LTD. all rights resereved.

 
最新情報
ワイナリーダイアリー
ショッピング
特定商取引法の表記
ワインストーリー
ぶどうストーリー
ワインに合う料理レシピ
ワイナリー周辺案内
イベント案内
体験教室案内
ワインの樹オーナー制度
ワイナリー施設案内
周辺宿泊情報
リンク集
会社概要
プライバシーポリシー
アクセスマップ
お問い合わせ
 
HOME
 

メールはこちら hakusan@yamabudou.co.jp